本文へスキップ

 相生市は中世矢野荘と領域を同じくする小都市です

TEL. 0791-23-2961

〒678-0053 兵庫県相生市那波南本町11-1

相生市立歴史民俗資料館の紹介

相生市立歴史民俗資料館は、中世矢野荘の領域を受け継ぐ相生市の歴史を展示しています  

相生市立歴史民俗資料館の紹介

相生歴史民俗資料館
  • 相生には海と山と平野と多様な自然に囲まれたさまざまな生活があり、それぞれに深い歴史がきざまれてきました。
  • 相生市域は矢野荘とほぼ同一の地域で、1313(正和2)年、東寺へ寄進されたことから、中世東寺領荘園として知られるようになりました。 東寺には数多くの資料が今日まで伝えられており、日本史の歩みを解明するうえで重要な地域をなしています。また、相生市は天然の良港に恵まれ、造船の町として飛躍的な発展をとげました。
  • こうした先人たちの足跡を学び、郷土に対しての認識を深めることが、郷土を愛し、未来のための指針となることを確信いたしております。この資料館が明日の相生の糧として、皆さんに活用されることを願ってやみません。
  • 資料館は明治時代の鶴亀高等小学校をイメージした建物です。

常設展

  • 資料館1階は、播磨造船所とともに歩んだ20世紀の相生を展示しています。明治時代、唐端清太郎村長は小さな造船所に地域の未来を託しました。大正時代、鈴木商店が造船所を拡張、旧矢野荘は造船都市相生として再統合されました。
  • 資料館2階は、古代から近世まで矢野荘の歩みを展示しています。この地は、秦氏が開発し美福門院によって皇室領荘園になりました。東寺百合文書のなかに矢野荘の古文書が保存されており、矢野荘は日本史で有名な荘園の一です。
  • 2階の郷土の偉人コーナーには、相生ゆかりの人々を展示しています。現在、画家の福田眉仙、作家の佐多稲子・水守亀之助、俳人の浦山貢、映画監督の浦山桐郎に関する展示を行っています。

特別展

  • 2018年9月29日(土)〜10月14日(日)
     特別展「あいおいの古墳出土須恵器」
    (開催場所:相生市立図書館 2階思索の広場)
    ※特別展にあわせて、9月30日(日)の午後1時30分より相生市立図書館3階視聴覚室で講演会を開催
       演題 「須恵器と渡来人」(仮題)
       講師 亀田修一岡山理科大学教授
       定員 80名
  • 2018年11月下旬
     特別展(仮称)「あいおい幼稚園の100年」
    (開催場所:相生市文化会館扶桑電通なぎさホール 1階ホワイエ)

歴史講座・史跡めぐり

  • 図書館郷土資料室にある相生市史編纂のために収集した資料などを使用して講師とともに、相生市の歴史を時代ごとに考えていく「通史あいおい」を、原則第1・第3土曜日に開催しています。               ※「通史あいおい」は、定員になりました。
  • 第4金曜日には、相生市の村文書等を読みといていく古文書講座を開催しています。
  • 今年も原則第2金曜日に、史跡めぐりを予定しています。
  • 日程については、歴史民俗資料館H30予定表を、通史あいおい及び史跡めぐりの内容については、歴史民俗資料館だより2018年02月をご覧ください。

NEWS新着情報

2018年4月7日
新しく歴史講座「通史あいおい」が始まります。
2014年9月10日
資料館だよりを再開しました。
2014年7月17日
ホームページを開設しました。
2014年6月12日
常設展2階をリニューアルし、郷土の偉人コーナーを新設しました。
2013年10月5日
常設展1階をリニューアルし、造船所とともに近代化する相生の様子を展示しました。

バナースペース

相生市立歴史民俗資料館

〒678-0053
兵庫県相生市那波南本町11-1

TEL 0791-23-2961
FAX 0791-23-2961

MAIL
aioi-rekishi-minzoku@vesta.ocn.ne.jp

開館時間 AM10:30 - PM2:30
 特別展開催期間中の土、日、祝日は
  AM10:30 - PM5:00 

休館日  毎週月曜日
    (月曜日が祝日の時は翌日)
    12月29日〜翌年1月3日

入館料 無料

歴史民俗資料館概要

歴史民俗資料館H30予定表

電話によるお問い合わせは、休館日を除くAM9:30からPM3:30までとなっています。

更新日 2018.5.23

相生市教育委員会が販売している書籍

相生市史 全8巻 販売中

福田眉仙展図録 販売中

相生市の歴史文化関連ホームページ

相生の文化・歴史

相生市の埋蔵文化財

相生市の関連ホームページ

相生市役所

相生市立図書館